第34回 牛乳の自動販売機 -牧場から食卓へ - 1

ミルクの国の食だより

コラム、「ミルクの国の食だより」の第34回をお送りします。
今回から、牛乳の自動販売機のご紹介です。なんと住宅街に牧場産直の自販機があるそう!

牧場体験で牛乳好きに

もうすぐ夏休みですね。
子供との家族旅行で観光牧場を訪れる人も多いのではないでしょうか。
大自然に囲まれながら動物たちとふれあい、乳搾りや動物の餌やりなど、普段できない体験ができるのが魅力ですね。
そして、清清しい青空、澄んだ空気の下で味わう牛乳はほんとうに美味しいものです。旅のマジックでしょうか?
もちろん、雰囲気もあると思いますが、牧場でのとれたての牛乳の味はやはり格別なのでしょう。
牧場体験をきっかけに牛乳を好きになる子供が多いのもうなずけます。

住宅街の自販機で牧場産直の牛乳を

さて、フランス・リヨン市近郊にも牧場がたくさんあります。
そしてなんと、住宅街には牧場産直の牛乳の自動販売機があるんですよ!これはぜひ飲んでみなくては!!
調べてみると、リヨン市があるローヌ県には11箇所(2014年10月現在)もあるそう。
町村名(設置場所)
  • レニーLégny(商店がある橋の前)
  • サント=フォワ=レ=リヨンSainte-Foy-lès-Lyon (グラヴィエール広場)
  • ティジィ(Thizy  大型スーパー、インターマルシェの前)
  • タッサン=ラ=ドゥミ=リュンヌTassin-la-Demi-Lune (チュイレリープロムナード)
  • サン=ルーSaint-Loup (大型スーパー、ルクレールの中)
  • タラーTarare (市場の場所でパン屋の前)
  • サン=ジュニ=レ=ゾリエールSaint-Genis-les-Ollières (ジェネラルドゴール広場)
  • ダルディィDardilly (大型スーパー、オーシャンの前)
  • アンプルピュイAmplepuis (大型スーパー、カルフールの前)
  • クラポンヌCraponne (3月19日広場)]
  • ラルブレルL'Arbresle (大型スーパー、カルフールの近く)
残念ながらリヨン市内には今は設置はされてないようですが、いずれもリヨンから近い町や村です。
住民が利用する町の広場、パン屋や大型スーパーの近くなどに設置されているようです。
今回はこの中から、一番近くてリヨンに隣接しているサント=フォワ=レ=リヨンに牛乳の自動販売機を探しに行ってきました。

牧場産直牛乳は牛の絵柄の自販機で!

自宅から車を走らせること約10分、グラヴィエール広場に到着。
住所に広場とあるので公園のような場所を想像していましたが、実際は集合住宅の前、パン屋の横にありました。
■グラヴィエール広場に設置された牛乳の自動販売機。一見するとそれとわからず見落としてしまいそう
■集合住宅の1階に並ぶ店舗の一角に置かれた牛乳の自動販売機。隣には日常生活に欠かせない、パン屋、銀行ATM、薬屋が並ぶ
■”牧場からあなたの食卓へ”
牛乳の自動販売機「ミルクの泉」。乳牛(モンペリアード種)がこの機械の中に入っているイラストが描かれている。牛乳が出てくるところが、乳牛の乳首にあたるのがおもしろい
牛乳の自動販売機、牧場からあなたの食卓へ、24時間いつでも毎日利用できる、その名も「La fontaine à lait ミルクの泉」。
そう、すでに容器に入った牛乳が並んでいてどれを買うか選ぶのではなく、目の前で牛乳が注がれていく自動販売機なんです!
※このテーマは次回に続きます。お楽しみに。
管理栄養士 吉野綾美
1999年より乳業団体に所属し、食育授業や料理講習会での講師、消費者相談業務、牛乳・乳製品に関する記事執筆等に従事。中でも学校での食育授業の先駆けとして初期より立ち上げ、長年講師として活躍。2011年退職後渡仏、現在フランス第二の都市リヨン市に夫、息子と暮らす。