いくつになっても牛乳・乳製品

ほわいとさんのミルクレッスン

  • もの知りのほわいとさんが、はなこさんの質問に答えます。
はなこ  祖母がお医者さまにすすめられて、毎日、牛乳を飲むようになったのよ。骨密度が低かったみたい。

ほわいと 骨のために牛乳を飲むのはよく知られているけど、カルシウム以外の優れた栄養も健康維持に役立つのよ。

はなこ  年を取ったら、栄養はあまり必要ないのかと思ってた…。

ほわいと 確かに活動量が減るからエネルギーは若いときよりは少なくていいのだけど、栄養素ごとにみると、あまり変わらないの。だから、逆に効率良く栄養を摂らないと必要量が確保できないのよ。

はなこ  粗食がいいというのは間違いなのね。

ほわいと 低栄養状態だと、免疫力が落ちて病気にもかかりやすくなるし、老化が促進されて、余命を縮める原因となってしまうの。

はなこ  それは大変。

ほわいと また、血液中のコレステロール値を適正な数値で維持することは、うつの予防にもなるのよ。

はなこ  高すぎるのもいけないけど、低いのもいけないのね。

ほわいと 日本人の疫学調査では、やや高めの方が長生きできるという報告があるわ。

はなこ  牛乳やヨーグルト、チーズなら手軽に食べられるしね。

ほわいと 東京都老人総合研究所で、小金井市に住む70歳以上の10年後の生存率を、牛乳を飲むグループと飲まないグループで調べたの。牛乳を毎日飲むグループの方が生存率が高く、特に男性では大きな差があったのよ。

はなこ  牛乳・乳製品を毎日取ることが元気で長生きする秘訣なのね。


ほわいと(2005冬)より