私たちのカラダとたんぱく質

Milk Knowledge
知れば知るほど、毎日こつこつミルク。

私たちのカラダとたんぱく質

私たちのカラダは細胞レベルで見ると、外見上は変化がないようでも常に中身が入れ替わっています。
早いものでは一ヶ月、遅いものでは半年ほどでカラダの細胞は新しくなっています。

カラダは食べ物でできている

私たちは毎日の食事からたくさんの栄養を摂っています。
単にカラダを動かすためのエネルギーだけが必要ならば、これほど多くの量と種類の栄養を毎日摂る必要はありません。
これは細胞の入れ替わりに多くの栄養が必要だからです。

つまり、今のカラダのほとんどは、この約半年間で食べた食事でつくられているのです。

牛乳の「たんぱく質」

食事から摂るたんぱく質は、私たちのカラダの構成にもっとも大切な役割を担っています。

たんぱく質は20種類のアミノ酸からできていますが、このうち、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸は食物で摂るしかありません。
従って、良質のたんぱく質を効率的に食事から摂ることが大切です。

牛乳は必須アミノ酸に富んだたんぱく質を含んでいます。
鉄やビタミンCを除くと各種栄養素の密度が高く、少ないカロリーで効率的に栄養を摂取できます。

牛乳のたんぱく質の主成分であるカゼインは分子が集まった立体的な球状構造(ミセル構造)になっています。
消化酵素が働きやすい構造なので、消化吸収に優れています。

また、加熱や酸凝固などによってもその栄養価は変わりません。
牛乳のたんぱく質が酸で固まる性質を利用したヨーグルトやチーズを上手に利用することで、私たちは牛乳の良質な栄養を手に入れることができるのです。

食事のもうひとつの大切な役割である、「楽しく」食べるためにも牛乳は広く利用されています。
特にヨーグルト、チーズ、クリーム、バターなどの乳製品は牛乳の優れた特性や風味で食事のおいしさと楽しさを演出しています。
ほわいと(2007冬)より