牛乳と豆乳

ほわいとさんのミルクレッスン

  • もの知りのほわいとさんが、はなこさんの質問に答えます。
はなこ  牛乳と豆乳の違いを友だちに聞かれたの。ほわいとさん教えて。

ほわいと 簡単にいえば、牛乳は子牛が大きくなるための栄養素が詰まっている動物性のもので、豆乳は大豆をしぼった植物性のものということね。

はなこ  栄養成分はどうなのかしら。たとえばカルシウムは?

ほわいと 成分表を見て。牛乳は100g中110mgのカルシウムが含まれていて、豆乳は100g中31mg。

はなこ  同じくらいだと思っていたけど、そんなに差があるのね。

ほわいと 40kgで生まれた牛が1年間で約10倍の体重に成長するのだから、牛乳にはカルシウムがたくさん入っているのよ。

はなこ  知らなかったわ。ほかには?

ほわいと 牛乳の栄養で一番多いのが炭水化物でその99.9%が乳糖。乳糖は動物の乳以外にはほとんど存在しないものなの。

はなこ  働きは?

ほわいと 腸の運動をよくして便秘を防いだり、カルシウムや鉄の吸収を良くする働きがあるのよ。

はなこ  優秀なのね。

ほわいと 乳脂肪に含まれるビタミンAや成長に大切なビタミンB2も多いわ。

はなこ  豆乳はビタミンKが多いわね。

ほわいと ビタミンKは骨を強くする働きがあるのよ。

はなこ  へぇ。同じように見えてぜんぜん違うのね。

ほわいと そうよ。同じエネルギーで3倍以上のカルシウムが摂れるのが牛乳。それぞれの栄養の特徴をつかんで、食生活に取り入れることが大切よ。
ほわいと(2005秋)より
※栄養価を更新しています。