牛乳、おいしく飲んでいますか?

Milk Knowledge
知れば知るほど、毎日こつこつミルク。

期限表示を知ろう

お店で牛乳を買う時、何を見て選びますか?
商品名、メーカー、価格などが目に入りますが、一番の理由は「鮮度・日付」でした(2004年Jミルク消費動向調査より)。
期限表示への関心の高さがうかがえます。

期限表示

牛乳類の期限表示には、「賞味期限」と「消費期限」があります。どちらもメーカーが、微生物検査、理化学試験、官能検査などの科学的根拠に基づいた試験を行い、責任を持って独自に決めています。

いずれも、10℃以下に冷蔵保存し未開封の場合の期限です。封を開けると、この日付は無効になります。

賞味期限は、おいしく飲める期限の目安です。
すべての品質が十分に保たれている期限のことで、その日を1日過ぎたらすぐに飲めなくなるわけではありません。

消費期限は、その日までに飲み終わってくださいという意味です。
弁当やパンなど、日もちしない食品につけられ、低温殺菌牛乳のほとんどはこの表示になっています。

おいしく飲むには

買物帰りに寄り道していませんか?夏場は特に食品の温度が上がります。
なるべく早く冷蔵庫に入れましょう。

また、朝食時などテーブルの上に放置していると、おいしさもダウン。その都度冷蔵庫へ。
次の人もおいしく飲めます。

注ぎ口に口をつけて飲むことも、雑菌が入るのでやめましょう。 

開封後の牛乳

開けたら何日もつかは、家庭によって冷蔵庫での保存状態が違うので、はっきりいえません。
口をしっかり閉めて保存し、できるだけ早く飲み終わりましょう。

牛乳は、他の食品のニオイを吸収しやすいので、おいしく飲むには2 - 3日以内がよいといわれています。
常温保存可能品と表示してある牛乳は室温で保存できますが、開封したら冷蔵庫で保存してください。

飲めるかどうか不安だったら確かめてみましょう。次のような場合は、変質しているので飲めません。

1. 分離したり、ブツブツができている
2. いつもと違うニオイがする
3. 酸味や苦味がある
4. 沸騰させると、モロモロに固まったり分離した

期限の意味を知って、水分と栄養補給に、牛乳をおいしく飲みましょう。



ほわいと(2007夏)より