アイスクリームの魅力

Milk Knowledge
知れば知るほど、毎日こつこつミルク。

アイスクリームの魅力

冷たくて甘くて、ほのかなミルクの香り・・・。
それらがバランスよく口の中に広がる時、幸福な気持ちにさせてくれるアイスクリーム。

おいしさのひみつ

アイスクリームのおいしさは、風味やコクはもちろんですが、なんといっても、口に入れた時なめらかで、サッと溶ける食感にあります。

おいしいアイスクリームを作るためには、空気とよくかき混ぜて、アイスクリームの中に気泡を多く含ませます。
この気泡がとても重要で、アイスクリームのおいしい温度はマイナス10℃前後なのに氷のようにカチカチにならないのは、この空気の泡が含まれているからなのです。
たくさん空気が入ったものはふんわりして軽く、少なければねっとりと重厚感のある口当たりになります。

また、一度溶けてしまうと、中に入っていた空気は逃げてしまいます。
逃げた空気は、再び冷凍庫に入れても取り戻すことはできないので、元の口当たりのよいアイスクリームには戻りません。

アイスクリームの主な原料は牛乳や生クリームで、風味に一番影響を与えます。
中でもポイントになる乳脂肪は、アイスクリームに豊かな風味となめらかさを与えます。
乳脂肪が適度に多いと、コクのあるまろやかな風味になります。

栄養のひみつ

こどもからおとなまで大好きなアイスクリームは、おいしいだけではなく、栄養面でも優秀です。牛乳や乳製品が主原料なので、たんぱく質・乳脂肪・カルシウム・ビタミンなどが豊富に含まれ、栄養補給に役立ちます。

アイスクリーム類は種類により、栄養成分が異なります。

古代ローマの戦士も、士気を高めるために食べていたといわれるアイスクリーム。
疲れたカラダと心を元気にする魅惑的な食品です。
参考情報
一般社団法人日本アイスクリーム協会 アイスクリーム前史 
一般社団法人日本アイスクリーム協会のサイトへ



ほわいと(2007夏)より