チーズを和風に

Thinking Milk
ミルクを知ると、“暮らし方”が見えてくる。

チーズを和風に

チーズといえば、グラタンやフォンデュなど洋風メニューが思い浮かびます。
けれどチーズはみそやしょうゆ、かつお節や納豆と同じ発酵食品ですから、和風の食材や和風メニューとも相性はぴったりなのです。

巻いて、挟んで…

冷蔵庫に残っているスライスチーズやカマンベールチーズ、そのままでもおいしいけれど、海苔や青じそで巻いたり、大根スライスや薄焼きせんべい、お餅で挟んでひと工夫。 

熱々のトロトロがおいしい

コロコロに切ったチーズを、茶碗蒸しやみそ汁の具に。
牛丼、親子丼の仕上げに入れてひと煮立ち。
大き目に切ったチーズは、油揚げや湯葉で包んでおでんや煮物に。
海苔で巻いて天ぷらに。

いつもの料理もチーズ入り

チーズを入れて卵焼き。納豆にもチーズ。おからや炒り豆腐は、仕上げに加えて。 

ご飯にもチーズ

混ぜご飯やおむすび、手巻き寿司の具に。お茶漬けやちらし寿司のトッピングに。 

フレッシュチーズはしょうゆで

クリームチーズやカッテージチーズ、モッツァレラチーズは、塩分が少ないので、しょうゆ、かつお節、ねぎで冷奴風に。わさびしょうゆで板わさ風に。 

カッテージチーズで白和え

豆腐の代わりにカッテージチーズを使えば水切りの手間が省けます。

粉チーズをパパッとふって

粉チーズはうまみが凝縮している天然の調味料。みそ汁やてんぷらの衣、田楽みそにもひとふり加えて。

チーズにはワインが定番ですが、和風チーズメニューには、日本酒も良く合います。
さあ、今日のメニューにチーズを加えてみましょう。きっと意外なおいしさが発見できますよ。



ほわいと(2005秋)より