使ってみようスキムミルク

Milk Knowledge
知れば知るほど、毎日こつこつミルク。

使ってみようスキムミルク

乳製品の中で買い置きできる代表選手、スキムミルク。牛乳から脂肪と水分を除いた粉末状のもので、常温で保存できます。
コーヒー豆やティーバッグなどの棚に置かれていることが多いです。

脂肪がほとんど含まれていないので低エネルギー。
また、たんぱく質やカルシウム、ビタミンB2なども摂れます。

スキムミルクの栄養

手軽に利用

飲み物
牛乳の代わりに飲みましょう。水や、50℃くらいのお湯によく溶けるよう顆粒状になっています。
朝食やほっとひと息つきたい時に、抹茶やきな粉を加えてオリジナルドリンクを作ってみましょう。
コーヒーや、野菜ジュースなどに加えるだけでもよいです。

料理
水に溶かさないで、そのまま振り入れて使ってみましょう。

ごはんを炊く時に、米1合にスキムミルク大さじ1杯の割合で加えて炊いてみましょう。
また、炊いたごはんに後から混ぜることもできます。
スキムミルクとごま、ゆかりなどを合わせて混ぜるだけでも簡単に活用できます。

毎日のみそ汁に利用しましょう。
一人分のみそに、スキムミルク大さじ1をめやすに混ぜてから、だし汁に入れます。

粉と混ぜてお好み焼きやホットケーキ、ひき肉に混ぜて肉団子やハンバーグ、イモ類に混ぜてコロッケやきんとん、卵に混ぜて卵焼きやオムレツを作ってみましょう。

マヨネーズやケチャップに混ぜて利用するのもおすすめ。
いろいろな料理にチャレンジするのも楽しみですね。 
  • ご飯、みそ汁にも
  • スキムミルク入りオムレツ

保存のポイント

水分と脂肪分がほとんど含まれないので、保存性もよく、開封後は約2週間もちます。

冷蔵庫に入れると出し入れの温度差で結露するのでかたまりやすくなります。
口をしっかり閉めて、開封後も涼しくて乾燥した日光の当たらない場所で保管してください。



ほわいと(2008春)より