平成7-9年度 牛乳栄養学術研究会委託研究報告書(II)

Annual Study Reports on Milk Nutrition sponsored by The National Dairy Promotion and Research Association of Japan, 1995-1997

目次

1.牛乳栄養の動脈硬化度および骨塩量に与える影響に関する臨床疫学的研究ー牛乳栄養の高脂血症者の動脈硬化度および骨塩量に対する短期および長期効果に関する大豆蛋白を対照にしたクロスオーバー臨床試験ー
国立循環器病センター動脈硬化代謝内科 医長   都島基夫・・・・・321

2.骨の成長・発達に果たす運動と牛乳摂取に関する縦断的研究
埼玉県立衛生短期大学    助教授   佐藤雄二・・・・・335
埼玉県立小児医療センター  病院長   赤司俊二
内科医長   望月弘


3.脂肪摂取と肥満発症に関する栄養学的研究ー前駆脂肪細胞増殖因子(PAGF)を指標とした分子栄養学的解析ー
京都大学大学院農学研究科 教授   伏木亨・・・・・349

4.乳中に含まれる骨代謝を調節する成分に関する研究
明海大学歯学部口腔解剖学第一講座 教授   久米川正好・・・・・361

5.本邦小児における乳糖不耐症の調査研究
東京女子医科大学付属第二病院小児科 教授   村田光範・・・・・373
小菅紀子
塚田和子

6.牛乳習慣としての牛乳摂取者のライフ・スタイルと、保健行動および循環器疾患リスク・ファクターに関する疫学的研究
東京医科歯科大学難治疾患研究所社会医学研究部門 教授   田中平三・・・・・387
横山徹爾
国立健康・栄養研究所成人健康・栄養部           吉池信男
東京医科歯科大学難治疾患研究所社会医学研究部       中山健夫
茨城県保健科学センター調査部               西村秋生
大阪市立大学医学部公衆衛生学教室             伊達ちぐさ

7.牛乳摂取が骨塩量及び骨代謝マーカー値におよぼす影響に関する研究ー健康女性例の縦断調査による検討ー
川崎医科大学放射線科(核医学) 教授   福永仁夫・・・・・402
曽根照喜
友光達志
川崎医科大学保健医療部          武田直人

8.骨のタンパク質・カルシウム代謝に対する牛乳の効果ー特に成長因子群の遺伝子発現に及ぼす影響を中心にー
東京大学大学院農学生命科学研究科 教授   野口忠・・・・・413

9.小児における牛乳と成人病危険因子との関係についてー小児肥満における動脈硬化の促進性と牛乳など食事内容の関連についての研究ー
日本大学 名誉教授    大国真彦・・・・・433
日本大学医学部小児科   岡田友雄
岩田富士彦  

10.乳汁中における生体防御成分の保存に関する研究
京都大学食糧科学研究所 名誉教授   安本教傅・・・・・438
谷史人

11.牛乳中の機能性物質に関する研究一特にアレルギー制御ペプチドに関する研究一
東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻 教授   上野川修一・・・・・458

12.栄養摂取パタ-ンと骨折に関する疫学的研究ー乳および乳製品の摂取と骨折発症率を中心としてー
尚絅女学院短期大学 教授   足立達・・・・・472
教授   山本玲子
宮城大学看護学部       中塚晴夫

13.乳・乳製品の食事への取り入れ方と食習慣
女子栄養大学 学長   香川芳子・・・・・515
教授   長谷川恭子
教授   古我可一

14.骨密度の国際比較とカルシウム摂取の役割
東京都老人医療センター 院長   折茂肇・・・・・527

15.地域在宅高齢者の加齢に伴う牛乳摂取量の縦断変化およびその関連要因
東京都老人総合研究所地域保健部門   熊谷修・・・・・533
副所長   柴田博

16.発癌剤および制癌剤によって誘導される代謝障害特に免疫不全状態に対する牛乳投与の効果
群馬大学医学部保健学科 教授   倉茂達徳・・・・・555

17.21世紀を見据えての基礎代謝量の再検討についてー携帯型代謝測定装置の開発および活用ー 
日本体育大学 教授   井川正治・・・・・574

18.小児期の骨発育に及ぼす栄養(カルシウムとビタミンD)の役割に関する研究ー特に思春期における骨塩獲得の機構の解明ー
岡山大学医学部小児科学教室 教授   清野佳紀・・・・・591
講師   田中弘之
守分正
神崎晋

19.乳製品摂取が高齢者の骨代謝に及ぼす影響における個人差に関する検討
東京大学医学部老年病学 講師   細井孝之・・・・・605

20.プロスタグランディンJの骨芽細胞機能に及ぼす影響に関する細胞生物学的研究
大阪市立大学医学部第二内科 助教授   西沢良記・・・・・607

21.高齢者の栄養管理における効果的な牛乳・乳製品ならびに補助食品の利用に関する研究ー高齢者のタンパク質・エネルギー低栄養状態(protein energy malnutition, PEM)改善に及ぼす牛乳・乳製品の有効性ー
国立健康・栄養研究所 室長   杉山みち子・・・・・619
青葉学院短期大学        堤ちはる
日本歯科大学          三橋扶佐子

22.血圧調整に関わる平滑筋および内皮細胞のカルシウム制御機構
東京大学大学院医学系研究科細胞分子薬理学分野 教授   飯野正光・・・・・635

23.胎児の成長・発達に及ぼすコレステロールと多価不飽和脂肪酸(PUFA)の影響に関する研究
帝京大学医学部小児科学教室       教授   阿部敏明・・・・・645
助手   花香里子
国立健康・栄養研究所臨床栄養部     室長   松本明世
特別客員研究員   板倉弘重

24.牛乳由来蛋白・ペプチドによる細胞増殖、文化、アポトーシス誘導の分子機構
岐阜大学医学部生化学教室 教授   野澤義則・・・・・656

25.内モンゴール草原住民のミルク茶飲用習慣が骨密度および骨代謝生化学的指標に及ぼす影響-日本女性との国際比較研究- 
富山医科薬科大学医学部保健医学教室 教授   鏡森定信・・・・・667

表紙・目次

1.牛乳栄養の動脈硬化度および骨塩量に与える影響に関する臨床疫学的研究ー牛乳栄養の高脂血症者の動脈硬化度および骨塩量に対する短期および長期効果に関する大豆蛋白を対照にしたクロスオーバー臨床試験ー

2.骨の成長・発達に果たす運動と牛乳摂取に関する横断的研究

3.脂肪摂取と肥満発症に関する栄養学的研究ー前駆脂肪細胞増殖因子(PAGF)を指標とした分子栄養学的形成期ー

4.乳中に含まれる骨代謝を調節する成分に関する研究

5.本邦小児における乳糖不耐症の調査研究

6.牛乳習慣としての牛乳摂取者のライフ・スタイルと保健行動および循環器疾患リスク・ファクターに関する疫学的研究

7.牛乳摂取が骨塩量および骨代謝マーカー値におよぼす影響に関する研究ー健康女性例の縦断調査による検討ー

8.骨のタンパク質・カルシウム代謝に対する牛乳の効果ー特に成長因子鮮の遺伝子発現に及ぼす影響を中心にー

9.小児における牛乳と成人病危険因子との関係についてー小児肥満における動脈硬化の促進性と牛乳など食事内容の関連についての研究ー

10.乳汁中における生体防御成分の保存に関する研究

11.牛乳中の機能性物質に関する研究一特にアレルギー制御ペプチドに関する研究一

12.栄養摂取パタ-ンと骨折に関する疫学的研究ー乳および乳製品の摂取と骨折発症率を中心としてー

13.乳・乳製品の食事への取り入れ方と食習慣

14.骨密度の国際比較とカルシウム摂取の役割

15.地域在宅高齢者の加齢に伴う牛乳摂取量の縦断変化およびその関連要因

16.発癌および制癌剤によって誘導される代謝障害特に免疫不全状態に対する牛乳投与の効果

17.21世紀を見据えての基礎代謝量の再検討についてー携帯型代謝測定装置の開発および活用ー

18.小児期の骨発育に及ぼす栄養(カルシウムとビタミンD)の役割に関する研究ー特に思春期における骨塩獲得の機構の解明ー

19.乳製品摂取が高齢者の骨代謝に及ぼす影響における個人差に関する検討

20.プロスタグランディンJの骨芽細胞機能に及ぼす影響に関する細胞生物学的研究

21.高齢者の栄養管理における効果的な牛乳乳製品ならびに補助食品の利用関する研究---高齢者のタンパク質・エネルギー低栄養状態(protein energy malnutition, PEM)改善に及

22.血圧調整に関わる平滑筋および内皮細胞のカルシウム制御機構

23.胎児の成長・発達に及ぼすコレステロールと多価不飽和脂肪酸(PUFA)の影響に関する研究

24.牛乳由来蛋白・ペプチドによる細胞増殖、文化、アポトーシス誘導の分子機構

25.内モンゴール草原住民のミルク茶飲用習慣が骨密度および骨代謝生化学的指標に及ぼす影響-日本女性との国際比較研究-